Very Radical Animation Festival

Its very hard to do with this animation festival.

Local animation market fades away from Japan.

Good looking young girl are wait to cotume play.

For instance, undertaking with mass progressive authority corresponding grand service lit without street team.

very good loan site

very nice cashing site

wonderful money site

アニメ コンテンツ エキスポ 2013始まる 幕張で2日間、最新アニメ集まる
RBB TODAY 3月30日(土)9時21分配信

3月30日、31日の日程で、千葉・幕張メッセで大型アニメイベント アニメ コンテンツ エキスポ 2013が始まった。開催2日間、幕張メッセのホール1~5を使用して、アニメ関連企業各社のブース出展やステージイベント、物販、コラボレーション企画などで盛り沢山となる。2013年のアニメシーンを盛り上げる。
昨年の初開催では4万2000人の来場者を集めたが、会場の拡大もあり、本年はさらに来場者も増えそうだ。出展企業、作品も大幅に拡大している。

開催時間は9時~17時まで、入場料は3歳以上一律で1500円となっている。当日入場も可能なので、前売りを購入していなくても気軽に訪れることが可能だ。
ステージイベントはホワイトとレッド、オープンステージだけで40以上に及ぶ。ホワイトとレッドのステージは事前予約制だが、会場では各社ブースの催しも多く、十分楽しめるだろう。

アニメ コンテンツ エキスポ 2013
(英語表記:Anime Contents Expo 2013)
http://www.animecontentsexpo.jp

会期:  2013年3月30日(土)・3月31日(日)
会期時間: 9時~17時 ※最終入場は16:30まで
会場: 幕張メッセ 国際展示場 展示ホール1、2、3、4、5
主催: アニメ コンテンツ エキスポ 実行委員会
入場料: 各日1500円

Advertisements

ジェシカ・シンプソンのダイエット 32キロの減量に成功→妊娠

おめでとうございます!
減量→妊娠は、減量が健康に問題なく行われた何よりの証拠。
誰も文句などいうはずがないでしょう。

ダイエットは健康的に!次のページが大いに参考になります。

手軽に始めるダイエット・成功の秘訣【ダイエット食品・飲料編】(1)置き換え系ダイエット

手軽に始めるダイエット・成功の秘訣【ダイエット食品・飲料編】(2)ファスティング酵素系ダイエット

手軽に始めるダイエット・成功の秘訣【ダイエット食品・飲料編】(3)整腸系ダイエット

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121226-00000036-flix-movi
ジェシカ・シンプソン、第2子妊娠を認める!ダイエット会社も祝福
シネマトゥデイ 2012年12月26日(水)18時44分配信

11月ごろから第2子妊娠をうわさされている歌手のジェシカ・シンプソンが現地時間25日、自身のツイッターで妊娠を認めたとUsMagazine.comなどが報じている。ジェシカは、長女のマックスウェルちゃんをビーチに座らせ、砂に「BIG SIS(お姉ちゃん)」と書いた写真をツイッターに投稿した。

妊娠をモチーフにした映画『恋愛だけじゃダメかしら?』写真ギャラリー

ジェシカと婚約者で元NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)選手エリック・ジョンソンの間には今年5月に第1子マックスウェルちゃんが誕生したばかり。産後、400万ドル(約3億2,000万円)を払ってジェシカを広告塔にしたダイエット会社ウェイト・ウォッチャーズは、ジェシカが70ポンド(約32キロ)の減量に成功した途端、第2子を懐妊したことに激怒していると報じられていた。(1ドル80円計算)

しかし今回のジェシカからの発表を受け、ウェイト・ウォッチャーズは「ジェシカ、エリック、そしてお姉ちゃんになるマックスウェル、おめでとう! わたしたちはとても興奮しています。何て素晴らしい1年になったのでしょう!」と祝福のツイート。両者の仲は険悪にはなっていないようだ。

なお、ジェシカは第1子を妊娠した際も趣向を凝らした写真をツイッターで公開。ハロウィーンの時期にミイラの仮装をしておなかに手を添え「本当よ。私はマミー(ミイラ)になるの」とミイラを意味するマミーとママをかけて妊娠を発表していた。(編集部・市川遥)